【チュートリアル】これぞ光速の見積もり…見積書の会話シナリオ大公開!

こんにちは、SPALOエンジニアの sukodai です。

会話シナリオ大公開、今回取り上げるのは「見積書」です。

準備

  1. 見積書と「友だち」になる。
  2. マイページログインする。
  3. 空白のドキュメントを用意する。

※この3つの操作が「?」な人:商談報告書のチュートリアルを見てください。

見積書はマイページのプロフィールに登録された情報(住所、電話番号など)を利用するので、あらかじめ入力しておいてください。

ボットからの質問に答えながら入力してみよう

SPALOの基本、「オートリマインド入力」でドキュメントを作成しましょう。
オートリマインドを始めるには以下のように発話します。

次は

これだけです。あとはボットが次々と質問してきますので、それに答えていきましょう。

bot: 会社名は?
user: ビズオーシャン
bot: 会社名に『ビズオーシャン』と入力しました。

bot: 担当者は?
user: 鈴木一郎
bot: 担当者に『鈴木一郎』と入力しました。

bot: 件名は?
user: 業務用携帯端末のお見積もり
bot: 件名に『業務用携帯端末のお見積もり』と入力しました。

bot: 有効期限は
user: 今月末
bot: 有効期限に『2018-10-31』と入力しました。

bot: 商品も続けて入力しますか?

はい いいえ

user: はい

bot: 商品名を入力してください。
user: iPhone X
bot: 商品名に『iPhone X』と入力しました。

bot: 数量を入力してください。
user: 2台
bot: 数量に『2』と入力しました。

bot: 単価を入力してください。
user: 112800円
bot: 単価に『112800』と入力しました。

bot: 商品を入力しました。

商品を続けて入力する
備考を入力する
入力を完了する

user: 商品を続けて入力する

bot: 商品名を入力してください。
user: Xperia
bot: 商品名に『Xperia』と入力しました。

bot: 数量を入力してください。
user: 3台
bot: 数量に『3』と入力しました。

bot: 単価を入力してください。
user: 59800円
bot: 単価に『59800』と入力しました。

bot: 商品を入力しました。

商品を続けて入力する
備考を入力する
入力を完了する

user: 商品を続けて入力する

bot: 商品名を入力してください。
user: Galaxy S8
bot: 商品名に『Galaxy S8』と入力しました。

bot: 数量を入力してください。
user: 4台
bot: 数量に『4』と入力しました。

bot: 単価を入力してください。
user: 57930円
bot: 単価に『57930』と入力しました。

bot: 商品を入力しました。

商品を続けて入力する
備考を入力する
入力を完了する

user: 備考を続けて入力する

bot: 備考は?
user: 人気商品のため、納期が遅れる場合がございます。
bot: 備考に『人気商品のため、納期が遅れる場合がございます。』と入力しました。

bot: 備考の入力を完了します。

商品を続けて入力する
入力を完了する

user: 入力を完了する

bot: 入力を完了しました。プレビューしてみてください。

ドキュメントのレイアウトを確かめてみよう

入力が終わったら、ドキュメントのレイアウトを確認をしましょう。

プレビュー

 

入力箇所を編集してみよう

見積書には、商品アイテムを登録する「明細部」があります。
この明細部は、商品が入力された行数の範囲内であれば、各行を自由に移動できます(このチュートリアルでは1〜3行目)。

user: 1行目を3行目に移動
bot: 1行目を3行目に移動しました。

user: 3行目を削除
bot: 3行目を削除しました。

完成したドキュメントを入手しよう

ドキュメントへの入力が終わり、間違った箇所も編集したら、出来上がったドキュメントを自分の手元(自分のパソコンなど)に送ります。

送信

これで、マイページに設定したメールアドレス宛てにドキュメントが送られてきます。
送信が完了したら、次の新しいドキュメントを作成するために、空白のドキュメントを準備しましょう。何と言えばいいか、もうわかりますよね?

リセット

いかがででしたか?
以上が見積書の会話シナリオです。
SPALOなら見積書も簡単な会話で作成できます。
ぜひトライしてみてください。

ではまた!