【IT用語勉強会】当たり前のように飛び交うIT用語を初心者なりに説明!DXって何の略?《デジタルトランスフォーメーション》について解説します。

「DX推進しろ!」なんて言葉が社内で飛び交っていませんか???
2019年から働き方改革関連法が施行され、この言葉を耳にする機会が
増えているのではないでしょうか?

そこで今日はDX(デジタルトランスフォーメーション)について
解説したいと思います。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

デジタルトランスフォーメーション(英: Digital transformation; DT or DX)とは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。デジタルシフトも同様の意味である。2004年に、スウェーデンのウメオ大学教授のエリック・ストルターマンが提唱したとされる 。ビジネス用語としては定義・解釈が多義的ではあるものの、おおむね「企業がテクノロジー(IT)を利用して事業の業績や対象範囲を根底から変化させる」という意味合いで用いられる。] 本用語は「DX」と表記されることが多いが、それは英語圏では「transformation」の「trans」の部分を「X」と略すことが一般的だからである。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

とありますが、難しいですよね???
簡単に言うと…「デジタル化を取り入れてこれまでの業務をもっと簡単にして行こうね!」とか、「デジタル化を取り入れることでもっと活用できるように変えていこうね!」「デジタル化を進めたらもっとすごいこと出来ちゃうよね!」と言う意味が込められています。

なぜDXなの?DTじゃないの?

デジタルトランスフォーメーション( Digital transformation)なのになぜDXなのでしょうか?通常であればそれぞれの頭文字を取ってDTになりますよね?先ほど引用文献で載せたウィキペディアにも記載があった通り英語圏では「transformation」の「trans」を「X」と略すことが一般的だからです。

デジタイゼーションやデジタライゼーションとは?どんな関係性?

ここまでで何となくDXについてご理解いただけたでしょうか?
しかし、DXを聞いたことがある方は同じく「デジタイゼーション」や
「デジタライゼーション」と言う言葉も耳にしているのではないでしょうか?

DXを理解してもここでこの二つが耳に入ると一気に振り出しに戻りませんか?
(私はそうでした…笑)
「あれ?何がどう違うんだっけ???」…と。笑
そこで「デジタイゼーション」と「デジタライゼーション」についても
触れておきたいと思います。

デジタイゼーション

デジタイゼーションとはアナログからデジタルに部分的に変えることを言います。

デジタライゼーション

デジタライゼーションは①を業務フロー全体を見越して変革し、
新たな価値を生み出すことを言います。

弊社のサービスのSPALOで考えるとこんな感じです!

  • デジタイゼーション

SPALOで報告書を紙からデータに変更
これまで紙の日報を提出していたが、SPALOを活用し、スマホで簡単に日報を入力。
できあがった日報は管理画面上にどんどんデータがたまるようになった!

  • デジタライゼーション

現場の日報がデータ化されたことによってこれまで紙の日報をチェックし、
システムに入力し直し印刷して標本していた事務員さんの業務が改善された。
事務員さんは毎日チェックや入力をすることなく、月末にSPALOの管理画面から
日報を1か月分ダウンロードし、社内フォルダに格納するだけになった。

  • デジタルトランスフォーメーション

これらのデジタル化により業務効率が大幅にUP。
事務員の残業の撤廃など人件費削減に寄与した。また、業務時間が削減された
ことで営業マンは訪問件数を増やすこともでき、業績も向上した。

どうでしょうか?
ちなみにSPALOが何かわかんないという方はこちらをご覧ください。

▼サイトリンク
SPALO資料請求はこちら
SPALO WEBサイトはこちら

スマホでチャットの内容に答えるだけで報告書などの入力ができ、
データも蓄積することのできるサービスです!

まとめ

なんとなくご理解いただけたでしょうか???
DX(デジタルトランスフォーメーション)とはデジタル化していこうね!
もっとよりよい世界にして行こうね!
そうすればきっと新たな気づきに出会えるよ!!と言った社会の流れ
みたいな感じです。

働き方改革や昨今のコロナウィルスでのテレワーク推進でこのDXに
力を入れている企業が増えていると感じます。
もしこの記事を読んだことで少しでもお役に立てたのなら嬉しいです。