SPALOで入力した項目の内容をPDF書式で確認できるプレビュー

こんにちは、SPALOエンジニアの sukodai です。

今回のテーマは「プレビュー」です。

SPALOは、チャットボットと会話しながら、ドキュメントや書式(業界的には帳票なんて呼んだりもする)を作るわけですが、初めてSPALOを使う人には、ちょっと戸惑うかもしません。

LINEのタイムラインが、目の前にいきなり現れても、ここから、ドキュメントをどうやって作っていくのか、全く想像できないでしょう。

これから作ろうとするドキュメントは、どんなレイアウトなのか? ドキュメントにはどんな項目があるのか? これが分からなかったら書きようがないですよね。

レイアウトを確認する発話「プレビュー」

ドキュメントを作る時、まずは、どんなドキュメントをこれから作るのか、確認する言葉があります。 以下のように言ってみてください。

プレビュー

言いにくかったら、こんな言い方でも通じます。

見せて

ちなみに僕は「見せて」ということが多いです。

※滑舌が悪いので「プレビュー」と言うと「プレビオ」のような誤変換をされてしまうことが多い…

話すのが苦手な人は、キーボードで「プレビュー」と入力する、もしくは、SPALOメニューのプレビューボタンをタップしてください。

「プレビュー」と言うと、 「整いました。[仕上がりを見る]」
とボットからメッセージが返ってきます。
そしたら「仕上がりを見る」ボタンをタップしてください。
これで、これから作るドキュメントのレイアウトが確認できます。

あらゆる操作を「言葉」でやるのがSPALO

皆さんは、ドキュメントを、これまでずっとワードやエクセルがインストールされたパソコンとマウスを使って作ってきたと思います。

SPALOは、スマートフォンで、ドキュメント作るアプリです。
エクセルもマウスもありません。

じゃあ、どうやって作るのか?

チャットボットに 文字で指示しながら作ります。

今回は、ドキュメントのレイアウトを確認する「プレビュー」という言葉を紹介しました。

そんなにたくさんありません。
あと、もう少し覚えるだけで、あなたもSPALOの達人になれますよ!

ではまた次回!