SPALOで項目ごとに自分で指定して入力する方法

こんにちは、SPALOエンジニアの sukodai です。

今回は「宣言入力」です。

「せんげんにゅうりょく」

なんともセンスのない表現ですが、ほかに良い言葉が見つからないので、一旦、「宣言入力」としておきます。

「入力」という言葉がある通り、これはSPALOの入力方法のひとつです。

以前、「オートリマインド入力」という入力方法を紹介しましたが、「宣言入力」は「オートリマインド入力」に代わるもうひとつの入力方法です。

自分から宣言して入力するのが「宣言入力」

オートリマインド入力は、チャットボットからの質問に答える形で、入力する方法ですが、宣言入力は、反対です。

自分から、宣言して入力します(宣言入力呼んでいるのはそのためw)。

じゃぁ、どう宣言して入力するのかってことですが、ある決まり(フォーマット)に従って宣言します。

宣言入力のフォーマット「(項目名)は(XXX)」

商談報告書というドキュメントには「商談先」という入力項目がありますが、この項目に対して「ビズオーシャン」という言葉を入れたい時、

商談先はビズオーシャン

と発話すると、商談欄に「ビズオーシャン」という情報が入ります。

「担当者」に「鈴木一郎」と入れたいなら、

担当者は鈴木一郎

と発話すると、担当者欄に「鈴木一郎」と入ります。

高速入力を実現するのが「宣言入力」

オートリマインド入力は、

bot: 担当者は?
user:鈴木一郎
bot: 担当者欄に『鈴木一郎』と入力しました。

3回のやりとりになりますが、

宣言入力は、

user:担当者は鈴木一郎
bot: 担当者欄に『鈴木一郎』と入力しました。

と2回のやりとりです。

会話の数が少ないので、オートリマインド入力よりも、速くドキュメントが作れます。

慣れてきたら、ぜひ、宣言入力にトライしてみてください!

ではまた次回!