入力項目をチェックしたりリセットしたり…SPALOの便利コマンド

こんにちは、SPALOエンジニアの sukodai です。

今回は「チェック、リセット、スタート」です。

入力状況を確認する「チェック」

入力内容を確認する言葉に「チェックスパロー」があります。

ここまで、基本操作を読んできた人は、あれ?? と思うかもしれません。 入力内容の確認は、そう、「プレビュー」って言うんじゃないか、、、と。

その言葉、思いついた人、もうかなりのSPALO上級者です。

じゃぁ、何が違うのか?

まずは、以下のように発話してみてください。

チェックスパロー

クイックリプライなら「チェック」ボタンをタップしても同じです。

どうですか? 違い分かりました?

プレビューは、実際にドキュメントのレイアウトを確認に使います。 チェックは、必須項目の入力状況の確認に使います。

プレビューはあくまでもドキュメントのレイアウトの確認なので、未入力項目がパッと見ではわかりませんが、チェックだと、簡単に確認できます。

システム的な話になってしまいますが、プレビューよりもチェックのほうが動作が速く軽く動きます。

ちょっと確認、なんて時には「チェックスパロー」を使い、問題なければ「プレビュー」する、なんていうのがスマートな使い方です。

入力内容を全部消す「リセット」

ひと通りドキュメントへの入力が終わりました。

「チェック」して「プレビュー」して「送信」も終わりました。

次は何をしますか? 次の新しいドキュメントの作成ですよね?

新規にドキュメントを作るには、これまで作ってきたドキュメントを「リセット」します。

リセット

これで、これまで入力した内容が全部消えて、真っ白な新しいドキュメントが用意されました。

嘘だと思うなら「プレビュー」してみてください。何も入力されてない真っ白なドキュメントが表示されるはずです。

リセットすると、これまでの入力内容が全部消えてしまうので、消えて困るようなら、リセットする前に「送信」してくださいね。

最初から入力する「スタート」

リセットとスタートは、同じ機能です。 次のように言ってみてください。

スタート

どうですか?

「リセット」と言った時と、同じ内容がボットから返ってきますよね?

最初から、書き始める場合、リセットと言ってもいいですし、スタートと言ってもどちらでも良いのです。

簡単ですよね。

SPALOには、このように別の言い方をしても、同じような意味であれば、同じ動作をする言い換えパターンがいくつもあります。

  • 「プレビュー」と「見せて」
  • 「次は何をすればいい?」と「次は」
  • 「送信」と「送って」

などなどです。

この言い換えパターンは、日々進歩しています。

あっ!、こんな言い方でも通じた!、理解した!、と発見があるかもしれません。 いろんな言い換えパターン、試してみてください。

理解してくれない、理解して欲しい、言い換え言葉、あれば是非、教えください!

ではまた!