応答するだけでExcelが魔法のようにできるSPALOのオートリマインド入力

こんにちは、SPALOエンジニアの sukodai です。

今回の基本操作は「オートリマインド入力」です。

前回は「プレビュー」という発話を覚えました。
プレビューは、これから作るドキュメントのレイアウトを確認する時の発話です。

ドキュメントのレイアウトが確認できたら、次はいよいよドキュメントを作っていきます。

ドキュメントを作る時、最初に言う言葉「次は何をすればいい?」

マウスもない、Excelもない、あるのはLINEのタイムラインだけ。
レイアウトの確認はできたけど、ここからどうやってドキュメントを作っていくのか?

とても簡単です。以下のように発話してみてください。

次は何をすればいい?

もっと短く言うならこうです。

次は

たったこれだけです。

「次は」というと、チャットボットから質問が飛んできます。
質問が来たら、その質問に回答します。

回答は、キーボードを使って手で入力しても、音声に切り替えて、喋っても、どちらでも同じです。

回答すると、また新しい質問が飛んできます。
新しい質問に回答すると、次の質問….

この繰り返しでドキュメントを作っていきます。

ドキュメントの作成に必要な質問が自動で飛んでくるので、「オートリマインド」と呼んでいます。
※エンジニアが付けた名称なので、もっといいネーミングがあれば、教えてください!

入力忘れを防ぐ「オートリマインド入力」

「次は?」と一度、話しかけると、ドキュメントの作成に必要な項目の入力が全て終わるまで、ボットは質問してきます。

ちょっと、ウザい、面倒ですが、この仕様のおかげで、入力漏れ、入力忘れ ということが発生しません。

SPALOには、いろいろな入力方法があります。

オートリマインドを途中でやめる方法やそもそもオートリマインド以外の方法で入力することもできますが、まずは、SPALOの超基本的な入力「オートリマインド」ぜひ、試してみてください。

最後、オートリマインドで入力が終わったら、前回覚えた発話「プレビュー」を言ってみてください。
プレビューは、レイアウトの確認する時に言う言葉ですが、入力内容の確認にも使います。

ボットからの質問に回答した内容が、ドキュメントに入力されているのが、確認できるはずです!

ではまた次回!