SPALOの日付入力と時間入力のおけるスピードアップ術

こんにちは、SPALOエンジニアの sukodai です。

今回の便利な使い方は「日付と時刻を素早く入れる」です。

文字と数字が混在する情報を入れにくいスマホ

いきなりですが、みなさん、以下の文字列、スマートフォンではどうやって入力していますか?

10月3日
15時30分

パソコンなら特に困ることはないですよね。
文字を打つボタンと数字を打つボタン(テンキーとかね)が、1つのキーボード上に、同居しているからです。
(テンキーのないマニアックなキーボードを使っている、ごく一部のプログラマーなどは除く)。

一方、スマホの場合はどうでしょう?
文字と数字でキーボードが分かれているため、数字を打つ時は、「123」と書かれたボタンを押して数字のキーボードを表示し、
文字を打つ時は、「あいう」と書かれたボタンに切り替える…
なんて感じでやっていませんか?

面倒ですよね….
(まぁ、一度入力してしまえば、キーボードが記憶してくれるので、次回からは、いくつかの入力候補から選んで入力なんて感じなるので、ちょっとは捗ったりしますが…)

この入力に手間のかかる、日付と時刻、ビジネス文書の中では、頻繁に入力しますよね。
SPALOのボット「商談報告書」にも、日付と時刻欄はもちろんあります。

そんな面倒な日付と時刻、実は、SPALOなら、簡単に入力できてしまいます!

喋って入れると速い日付と時刻

ええ?
思うかもしれませんが、実際にやってみると分かります。

日付の入力ならこんな会話で入れられます。

bot: 商談日は?
user: 今日
bot: 商談日に『2018年9月26日』と入力しました。

「今日」だけじゃなく「明日」とか「明後日」と言っても、キチンと変換してくれます。

時刻ならこんな会話です。

bot: 開始時間は?
user: 今
bot: 開始時間に『22時39分』と入力しました。
bot: 終了時間は?
user: 1時間後
bot: 終了時間に『23時39分』と入力しました。

どうですか?
日付や時刻の入力、いちいち数字や文字のキーボードを切り替えて入力しなくても、イイ感じに数字と文字が混在した情報に変換してくれますよね?
これ、僕は喋って入れています。
キーボードで打つよりも断然、速いです。

 

この例は、日付や時刻の入れ方の一例です。
例えば、「今日」じゃなくて「くがつにじゅうろくにち」と言っても、同じように入ります。

いろいろ試して、素早い入力方法を発見してみてください!

ではまた!