SPALOでExcelファイルをクラウドストレージに保存する

こんにちは、SPALOエンジニアの sukodai です。

今回の便利な使い方は「クラウドストレージに保存する」です。

SPALOで作ったドキュメント、自分の手元に持ってくるためには「送信」する必要があると、以前、ここでお話ししました。
なんで送信なのかというと、作ったファイルは、メールに添付されて送られてくるからです。

クラウドに置いてくれたら便利なのに…
と思う人いませんか?

簡単にできる方法があります。

Boxって知ってますか?
Dropboxとは違います。
どちらもクラウドストージサービスですが、別のサービスです。

なんでBoxなのか?

それはなんと、
Boxにドキュメント付きのメールを送ると、自動でクラウドにアップロードしてくれるからです!

はぁ?と思う人、早速やってみましょう。
無料で簡単に出来ます。

Boxにアカウントを作成する

アカウントがない人は、ここからアカウントを作りましょう。
もちろん「個人ユーザー」を選んでください(無料だからです)。

 

 

 

SPALO専用のフォルダを作る

アカウントを作成したらログインします。
ログインしたら、SPALOから「メールアップロード」するためのフォルダを作ります。

 

 

 

設定画面をひらく

メニューボタン(3点リーダ)から「設定」選びます。

 

 

 

メールアップロード用のアカウントを発行する

アップロードの項目で、「このフォルダへのメールによるアップロードを許可する」をチェックします。
発行されたメールアドレスをコピーします。

 

 

 

 

メアドをメールアドレス2にセットする

マイページのプロフィールを開き「メールアドレス2」に発行したメールアドレスを入れます。

 

 

 

 

 

送信してみる

なにか適当にファイルを送信してみましょう。
boxで作成したフォルダにファイルが送信されてくるはずです。

 

 

 

アップロードされたファイルを確認する

簡単ですよね。
ここまで5分もかからないでしょう。

SPALOが更に便利なるはずです。
ぜひ、やってみてください。

ではまた!